引越しには様々な手続きなども必要であることから、業者探しも考えると非常に手が回らなくなってしまいがちです。
そこでコチラのサイトの「10分で分かる引越し手引き」では、できるだけ無駄を省いた引越しを行うための要点を掲載しています。

引越し業者の歴史

現在では引越し業者といえば大手企業も数多くあり、業者に頼んで引っ越しするのが普通だと思われていますが、引越し業者が広まり世の中に浸透し始めたのは最近のことなのです。
引越し業者とは運送会社が専門として運営していることが多く、需要の大きいビジネスの一つとして成り立っていますが、もとは運送会社が仕事をする中での業務の一つとして行っているだけでした。

当時車や運転免許を持っている人は珍しく、また少数だった為、知り合いや友人の運送会社に頼むことが多い時代でした。
引越しをする際今の様な丁寧なサービスはなく、物を運んだり、それらを現地まで運送するのみだけでした。ダンボールにつめるなどの梱包はなく、また家具家電に傷がついたり、破損する事は仕方の無いこととして処理されており、それが当時は当たり前の引越しの光景だったのです。
それが第一オイルショックがきっかけで、原油が高額となり、運送会社の運営が難しくなったため、引越し業務に力を入れ始めました。

現在のように専門の業者としてはじまったのは、昭和50年頃からと言われており、物ではなく、サービスが商品といった事で、TVなどでも紹介され注目をあびました。
運営している運送会社は、運送料金だけでなくサービス料として料金を請求でき、利用者は肉体的労力がなくなり、気軽に引越しができることで人気を集めました。
そして運送業務の延長から独立し、引越し専門としてはじまりました。